忘れっぽい私の為の備忘録。Maitaiの日記☆


by mainichitanoshiku
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

娘誕生のいろいろ


f0028677_848443.jpg

生後3日目の娘です。

*****

毎日3〜4時間おきの授乳です。
後陣痛、乳首の傷、エピドリルの器具を背中に貼付けた後、
軽い腱鞘炎、貧血による酸欠など、
そういえば出産後もいろいろと辛かった事を忘れておりました(+_+)

それでも1週間が過ぎて、こうしてPCに向かっているのですから
「2人目の回復は早いわよ」というママ友の台詞は
本当だったみたい。

日本から来てくれている母に甘えきって、
娘の甘いにおいに胸がいっぱいになりながら、(痛みにも耐えながら)
過ごしております。

*****

出産当日の経過をメモしておいたので
記録しておこうと思います。

*****


6:30 ギューっとする痛みで目が覚める
       夫と話しながら1時間ほど過ごす

7:30 不規則だったけど、痛みが陣痛だと確信
       強い陣痛に立っていられなくなる

8:20 病院に電話 
       車で5分の病院へ

9:00 病院にチェックイン
       陣痛の合間に書類にサイン
     LDRへ
     子宮口5センチ 頭の位置0 お産のスタート

f0028677_954693.jpg

左上より時計回りに

・この日は記録的な出産ラッシュで、すべてのLDRが満室。
 この状態で1時間ほど陣痛をやりすごしながら過ごしました。
 まだ余裕な私。

・ベッド脇にはパソコンやテレビ等が楽しめるモニター。
 映画「オーシャンズ11」を見てました。

・陣痛の間隔がどんどん短くなってきて「早くエピドリル〜」と思っていた頃。

・この黄色いのがエピドリル。本当に痛くないの!!
 陣痛は、タダのプレッシャーにしか感じません。
 体がじんわりと暖かくなって、気持よいほどです。
 あんまり気持がよいので1時間ほどうたた寝しました(夫も昼寝)

*****

10:15 食塩水(エピドリルのため)と抗生物質を点滴で投入。
      尿の管も取り付けられる

11:00 子宮口6〜7センチ
      エピドリル準備

11:30 麻酔医によりエピドリル投入。
      もう全然痛くない!

12:00 ドクターにより破水。

14:15 腰に感じるプレッシャーがどんどん強くなる
      子宮口全開。頭の位置+1

15:20 ドクターが来て、全ての準備が完了

15:39 4セット目のプッシュの後、娘誕生。
      左手を挙げて産まれました(笑)

f0028677_9211138.jpg


出産後、へその緒がついた状態で私の胸に抱かれた娘。
私は大泣きしてしまいました。「産まれて来てくれてありがとう!」
夫もへその緒を切らせてもらって感慨深げ。
聖路加では息子の時やらせてくれなかったのよね・・

息子と母を夫が迎えに行き、2時間ほどファミリータイムを過ごしました。
ベビは一度も連れて行かれる事無く、私たちの前で処置がされます。

f0028677_92947100.jpg


娘は裸ですが、上からとても暖かい熱が出ていて気持良さそうです。

5:40 娘とともに病室へ。
     娘はぐっすり寝ていて、私はひどい貧血でした(+_+)

翌日夕方5:00 ドクターから「お腹の戻りが早いね、もう帰っていいよ」と言われ退院(笑)


*****

陣痛の痛みがないだけで、こんなにも疲れ具合が違うのか!と驚きでした。
ドクターがしっかり押さえていてくれて、会陰も傷が無く腫れもほとんどありませんでした。

それとやっぱり隣で夫がずっと見ていてくれたから心強かったです。「ありがとう」

、とここで授乳タイムへ行って参ります(笑)
[PR]
by mainichitanoshiku | 2008-05-11 09:44 |